久々野町
りんごのまち「久々野町」。寒暖差のある気候から果物や野菜の栽培が盛ん。縄文時代の集落跡「堂之上遺跡」など歴史を学べます。

りんごのまち「久々野町」。寒暖差のある気候から果物や野菜の栽培が盛んです。縄文時代の集落跡「堂之上(どうのそら)遺跡」では当時の住居や人々の暮らしなど歴史を学べます。

久々野町エリアの特徴

エリアマップ

フルーツや野菜、花に囲まれた桃源郷がここに

「りんごのまち」や「桃源郷」の別名からも興味をそそられる久々野町。りんごや桃といった果物はもちろんのこと、野菜の生産も盛んです。桃の花が咲く時期にはまさに桃源郷のような美しい風景が広がります。寒暖差のある気候と美しい水、太陽の光に恵まれ、丹精込めて育てられた果物や野菜は加工品も絶品。自然のおいしさがギュッと凝縮された、りんごやトマトのジュースは目が覚めるような味わいです。

冬になれば御嶽山や北アルプスを一望できる「ひだ舟山スノーリゾートアルコピア」でスキーやスノーボードを楽しむことができます。また、8月上旬から中旬までのサマーシーズンには「アルコピアひまわり園」を開園。20万本のひまわりが約1haを黄色に染め、ゲレンデの新たな表情が見つけられます。

久々野町の自然を楽しむ

寒暖差のある気候を活かした果物や野菜の栽培が盛んな、自然あふれる久々野町

「りんごのまち」として知られる久々野町。高冷地を活かし、美味しい水、太陽の光に恵まれ果物や野菜の栽培に力を入れています。9月~11月の時期には、久々野町の果樹園でりんご狩りが楽しめます。陽の光をいっぱいに浴びたりんごはみずみずしい果汁とシャキっとした食感が特徴。自分でもぎとった新鮮なりんごをその場で味わえます。

舟山に源を発する牛牧谷が益田川に注ぐあたり、上下二段に流れ落ちる「女男滝」は岐阜県の名水50選に選ばれており、新緑や紅葉など四季折々の景色を楽しむことができます。
位山舟山県立自然公園内に位置している小さなダム湖「あららぎ湖」では、日常の喧騒を離れて緑の木立に囲まれた湖の周辺散策や、釣りなどのアクティビティが楽しめます。

久々野町のオススメスポット

久々野だからこそ味わえる果物と歴史を学べる縄文遺跡

久々野町は美味しい果物の産地ですが、中でも秋から冬に収穫されるりんごはいちばんの特産品。その久々野産のりんごをふんだんに使ったスイーツ「冬期限定アップルパイ」が、売り切れ続出となって大きな評判を呼んでいます。この「アップルパイ」は地元産の果物で久々野町を盛り上げようと、生産者である果樹農家の女性たちの手によって誕生しました。りんごをまるごと4個以上も使用した、ずっしりと重いアップルパイは口コミで人気に火がつき、毎年発売の時期を楽しみに訪れるリピーターも多く、今では久々野の名産品として知られるようになりました。道の駅「飛騨街道なぎさ」で12月下旬から期間限定で販売されています。また、「飛騨街道なぎさ」では秋から冬にかけていろいろな農家のりんごも販売しています。

飛騨川の最上流部に位置する丘の上にある国指定史跡「堂之上(どうのそら)遺跡」は、縄文時代前期~中期の集落跡を整備復元し公開しています。隣接する「久々野歴史民俗資料館」では遺跡の調査記録や出土品が展示されており当時の生活の様子を知ることができます。

久々野町のイベント

季節の花々、景色を楽しむ

久々野町では、四季折々の花々を楽しむことができます。「ひだ舟山スノーリゾートアルコピア」では、サマーシーズンのイベントとして「アルコピアひまわり園」が開園されます。ゲレンデの約1haがおおよそ20万本のひまわりで黄色く染まります。
ひだ桃源郷くぐの納涼夏まつりでは「久々野大花火」が打ち上がります。高原にこだまする大迫力の花火はたくさんの方々から好評を博しており、久々野の夏の風物詩となっています。

桜のシーズンには、上組地区のグラウンドや反保川原、中組地区の無数河川沿いなど各地で桜を楽しむことができます。また、「久々野ふるさと公園」では緑色の花が咲く珍しい桜「御衣黄(ぎょいこう)」をみることができます。

「ひだ舟山スノーリゾートアルコピア」では、冬の時期はウインタースポーツを楽しむことができます。天気がいい日にはリフトを降りると久々野町が一望でき、御嶽山や北アルプスを見渡せる絶景が広がります。

周辺MAP

リンク

MENU