冬散策コース
冬の飛騨高山を楽しむコースのご紹介です。冬ならではの特産品など、冬の情景を楽しめるコースとなっています。

冬散策コース

  • 所要時間:約6時間30分
  • 移動:徒歩+車

冬の飛騨高山を楽しむコースのご紹介です。
冬ならではの特産品など、冬の情景を楽しめるコースとなっています。

START

JR高山駅(東口)から
徒歩10

宮川朝市

宮川朝市

日本三大朝市のひとつ、高山名物朝市で民芸品や新鮮な野菜や果物をお値打ちにゲット!

江戸時代から、米市,桑市、花市などの市として発達し、明治の中頃から、農家の奥さんたちによって野菜がならべられるようになり、朝市とよばれるようになりました。朝市は陣屋前広場と宮川沿いの二か所にあり、新鮮な野菜や果物や花など四季折々、季節に合わせてお値打ちに販売されています。山菜・漬け物・餅・味噌・手作り民芸品などもオススメです。手軽に楽しめるご当地グルメも充実しています。

所在地:岐阜県高山市下三之町

徒歩10

陣屋前朝市

陣屋前朝市

飛騨高山の新鮮な野菜や果物、旬を味わえる朝市
手作りの漬物や味噌、工芸品をお値打ちにゲット

飛騨高山の朝市は、千葉県勝浦市、石川県輪島市の朝市と並ぶ日本三大朝市といわれています。高山の朝市は陣屋前広場と宮川沿いの二か所にあり、新鮮な野菜や果物や花など四季折々、季節に合わせてお値打ちに販売されています。山菜・漬け物・餅・味噌・手作り民芸品などもオススメです。純粋な高山ことばを聞くことができたり、地元の方たちとの素朴なやりとりに心癒されます。

徒歩10
+車10

飛騨民俗村 飛騨の里

飛騨民俗村 飛騨の里

飛騨人の心に今も残る暮らしの文化を体感できる野外博物館

豪雪に耐えてきた合掌造りや榑葺きの屋根など、飛騨の代表的な民家30数棟が立ち並び、昔の農山村風景を形づくる民家の博物館です。各民家では、農山村の生産・生活用具を数多く展示しているほか、わら細工、さしこなどの実演や四季折々の催事も行っています。自然が織りなす美しさの中で、忘れかけていた心のやすらぎと新しい感動に包まれた「とき」を体感してみませんか。

所在地:岐阜県高山市上岡本町1-590

30

道の駅 ひだ朝日村

道の駅 ひだ朝日村

地元の野菜や特産品をお値打ちにゲット!
名物のよもぎ料理を堪能

朝日町を横断する国道361号は、江戸街道、ぶり街道、そして糸挽き娘の女工哀史野麦峠への道でもあり、歴史を重ねた沿線に情報発信・交流の拠点として「道の駅 ひだ朝日村」があります。
特産品として、地元で春一番に採れたよもぎを使用した加工品よもぎうどん・よもぎカレ-・よもぎ焼酎・よもぎ五平等を数多く取り揃えている他、朝日を代表する高冷地野菜「すずらん大根」を使用したドレッシングも販売しております。

所在地:岐阜県高山市朝日町万石150

20

氷点下の森ライトアップ

氷点下の森ライトアップ

カラフルにライトアップされる幻想的な氷の芸術

冬ならではの絶景が楽しめる「氷点下の森」。昭和46年から氷点下10度の冬の自然を逆手に取り、制作を始め出来上がった氷の森は、昼間はブルー、夜は青、赤、緑とライトアップされ幻想的な雰囲気。大自然の氷は、吸い込まれそうになるほど美しく、最高に癒しの空間です。特に寒い日には、シャボン玉が空中でどんどん白く凍っていき、地面に落ちても割れないという現象がおきるのだとか♪

ライトアップ:1月~2月末日まで
所在地:岐阜県高山市朝日町胡桃島355

GOAL

MENU