高根町
御岳山と乗鞍岳を望む高根町。季節ごとにイベントが開催され、四季折々の大自然が楽しめます。

高根町は、長野県境に位置し、北に乗鞍岳、南に御嶽山と二つの3,000m級の山を一望できる自然豊かな美しい地域です。下呂市にまたがる飛騨御嶽高地トレーニングエリアは、文部科学省の高地トレーニング強化拠点施設に指定され、世界トップアスリートにも利用されています。また、春には野麦峠まつり、夏にはキャンプやハイキング、秋には、紅葉の散策や日和田高原の白樺林へのドライブ、冬には雪合戦大会が開催されるなど、季節ごとに四季折々の大自然を心ゆくまで満喫できます。

高根町エリアの特徴

エリアマップ

野麦峠を擁する地、今やスポーツのメッカに

明治から大正時代、貧しい飛騨から遠く信州へと糸引き稼ぎに行く娘たちが通った旧野麦街道。吹雪の中を歩いた街道の難所、標高1,672mの野麦峠が高根町にあります。生糸の輸出を支えた女工史は、小説や映画「あゝ野麦峠」でも語られています。現在は、夏でも涼しい気候と高地の環境を求め、アスリートたちがトレーニングに訪れる地として注目されています。また、その気候を活かして栽培される在来種の「火畑そば」、メロン並みの糖度がある「タカネコーン」、天然蜂蜜「たかねの秘蜜」、標高1,000mほうれん草等、食通を虜にする食材の宝庫です。高根町を訪れたら御嶽山の北端・継子岳を眺めることを忘れずに。継子岳は富士山のように見えることから「日和田富士」の別名があり、雄大なスケールで魅了します。

高根町の自然を楽しむ

御岳山と乗鞍岳を望む高根町、歴史が紡ぐ美しい眺望

北を乗鞍岳、南を御嶽山に挟まれた高地にある高根町。この自然環境を活かした、高地トレーニングエリアはトップアスリートも訪れる世界に誇るトレーニングスポットとなっています。高地トレーニングは気圧が低く、酸素濃度が薄い高地で練習することにより心肺機能を高めることができ、様々な協議のアスリートたちが取り入れています。また御嶽山の北麓、標高1,300mに広がる日和田高原では、南北4kmにわたって峰々を連ねる御嶽山、その北端の峰である継子岳の絶景を眺めることができます。この眺望は、南の峰が継子岳に隠れてしまうため、きれいな富士山型に見え、日和田富士と呼ばれています。日和田高原には、白樺林が続き、杣ケ池(小三郎池)や小川があり、初夏のレンゲツツジなど季節ごとに貴重な山野草の野の花も楽しめます。

高根町のオススメスポット

自然と歴史の町、高根町

2005年に清見村・荘川村・宮村・久々野町・朝日村、吉城郡国府町・上宝村と共に高山市に編入された高根町。生糸の輸出を支えた女工史、小説や映画「あゝ野麦峠」でも語られる野麦峠があり、歴史あるエリアです。

野麦峠は標高1672m。飛騨(岐阜県)と信州(長野県)の県境にあります。かつて、鎌倉街道、江戸街道と呼ばれ、飛騨と信州、江戸を結ぶ古くからの重要な路線でした。また、富山県で水揚げされた鰤(ぶり)を信州へ運んだ街道でもあったことから、別名「鰤街道」とも呼ばれていました。現在は岐阜県立自然公園として、ハイキングやウォーキングなど楽しんでいただけるよう整備されています。夏には新緑、秋には紅葉と四季折々の景色を楽しむことができ、人気のスポットです。

また、塩沢温泉七峰館の泉質は、炭酸水素塩温泉で大変、人気が高く、「美人の湯」とも呼ばれ心身ともに癒されます。8月から9月に限定販売される「タカネコーン」や、味と香りが自慢の「火畑そば(五割乾麺)」などの特産品は、高地の環境を活かして作られ、他にはない甘みや味わいが人気です。高根町日和田地区には、旧鎌倉街道も残っており、その脇にはあちらこちらにおよそ600体の馬頭観世音などの石仏がたたずんでおり、「日和田高原石仏巡り」として町内各所にある史跡や石仏群を巡ることができます。

高根町のイベント

高冷地を活かした特産品や季節感あるイベント

高根町は高冷地を活かした特産品として「タカネコーン」や「火畑そば」を栽培しており、東海圏で開催されるイベントでも販売されています。標高1,000mから1,300mの高地を利用して栽培される在来種の小そば「火畑そば」はルチンが多く含まれ、風味と香りが高く、山いも粉を入れるとツルツルとした食感の極上のお蕎麦です。秋に開催される「火畑そば収穫祭」には、新そばを求め多くの蕎麦好きが集います。また、伝統食の「無塩の漬物すな」や、高原に生息する日本ミツバチの巣から採取した「たかねの秘蜜」も人気の特産品です。

周辺MAP

リンク

MENU