お花見やピクニックに!飛騨高山 桜の名所から徒歩で行ける
春のサンドウィッチ特集

臥龍桜(ガリュウザクラ)、荘川桜、桜野公園の桜並木、そして古い町並みエリアにある中橋公園から見える桜。

高山には桜の名所が点在しており、美しい風景を目的に旅行する方も多いです。


お花見に、ピクニックに、朝ご飯に。

今回は春の高山をもっと満喫できる、パン好き必見のイチオシ【行楽のお供】をご紹介。


すべて桜の名所から徒歩で買いに行くことが出来るので、お花見のお供にぴったりです♪

1372ビュー
お花見やピクニックに!飛騨高山 桜の名所から徒歩で行ける春のサンドウィッチ特集

【桜野公園】小さな洋菓子店 La cerise/ラスリーズ

たっぷりのフルーツと100%生クリームが絶品 店主のこだわりが詰まったレトロ可愛いフルーツサンド

高山駅から少し足を伸ばしてバスで約20〜30分。

高山国府バイパスのトンネルを抜けた先、宮川沿いの桜並木がとても綺麗な桜野公園から徒歩5分程度のところにあるLa cerise(ラスリーズ)。


こちらのお店ではカラフルな断面が楽しいフルーツサンドをいただくことができます。

  • 生クリームフルーツサンド 990円 ※2024年3月現在
  • ジュニアサンド(ミックスサンド)550円 ※2024年3月現在

La ceriseのフルーツサンドはボリューミーな見た目に反してさっぱり食べられるのが特徴。フルーツサンドには店主こだわりの秘密が隠されていて、なんと使われているクリームが100%生クリームなのだそうです!


生クリームは品質の管理が難しいため、ホイップクリームを使用するのが一般的です。しかし、こちらのお店では注文が入ってから生クリームを立てるため、口当たりの良いさっぱりとしたフルーツサンドを提供できるのだそう。


実際に食べてみると、程よいサイズ感にカットされたフルーツとコクのある生クリームのバランスが絶妙。


フルーツ・クリーム両方の優しい甘みをしっかりと感じられる大満足の美味しさでした!

  • ダージリンティー 660円 ※2024年3月現在
  • お持ち帰りにしてもらいました♪

フルーツサンドだけじゃ足りないかな?と思いハーフサイズのミックスサンドもオーダーしましたが、一皿が大満足のボリュームだったので食べきれないほどお腹が一杯になりました。


途中で店長さんが「お持ち帰りもできますよ」と優しく声をかけてくださりとても助かりました!


フルーツサンドもミックスサンドも食べたい場合は、ハーフサイズのジュニアサンドをオーダーするのがおすすめです。


ホットドリンクを注文するとポットで提供してくれるのも嬉しいポイント。紅茶もコーヒーも注文が入ってから淹れてもらえます(ランチタイムを除く)。

また、イートインだけでなくテイクアウトを利用する方も多いのがこちらのお店の特徴です。


お店の目の前にある桜野公園の川沿いに見事な桜並木が続くため、桜の季節になると桜並木の下でお花見を楽しむ方も。


実はこちらのお店は韓国料理も大人気。フルーツサンド&ヤンニョムチキンのテイクアウトBOXはどっちも食べたい方におすすめ。ベーグルサンド等も提供しているのでいろんな種類を買ってシェアするのも楽しそうです。


駐車場も完備しているお店なのでレンタカーでの訪問もOK!

今年のお花見はちょっとだけ足を伸ばして桜並木の下でフルーツサンドをいただくのはいかがでしょうか?




■店舗情報

La ceries

〒509-4119 岐阜県高山市国府町広瀬町476-2

営業時間:10:00-18:00

アクセス:

高山濃飛バスセンターより乗車 広瀬橋駅下車 徒歩1分

JR飛騨国府駅より徒歩9分

桜スポット:桜野公園まで徒歩5-6分


【中橋公園】boulangerie panove/ブーランジェリーパヌーヴ

パン好き必見!クロワッサンも、ハードパンも、甘い系のパンも、お惣菜パンも死角なし。

地元で愛される本格焼き立てパンのお店。

本格的な焼き立てパンを楽しみたい方には高山で地元の人たちに愛されている人気のパン屋、panove(パヌーヴ)がおすすめです。


Panoveは高山駅西口から出て10分程歩いたところにあり、お花見スポットの中橋公園からは徒歩20分と少し遠め。


ですが、駅周辺にはビジネスホテルなどの宿泊施設が集まっているので朝の散策ついでに立ち寄るのにぴったりなんです。


生地作りにこだわって作られたパンはどれも外はカリカリ、中はふわふわでもちもち。時間が経っても変わらない香ばしさと美味しさが持ち味です。

私は高山の全パン屋を制覇しようとしているパン好きなのですが、panoveに来たら個人的に絶対に外せないのがハード系のパンです。


今回はアボカド入りのサーモンサンドをいただきました。


みずみずしいサーモンととろけるアボカドがとっても美味しいこちらのサンドですが、何よりもそれらを挟んでいるパン部分が絶品です!


噛めば噛むほど小麦の美味しさがしっかり感じられ、端から端まで夢中で食べてしまいました。


サーモン、アボカド、ハードパンの彩りも華やかで、青空の下で食べたら気分も一気に上がりそうです♪

併せておすすめしたいのが、お花見の時期に外せないフルーツサンドです。


一口食べたらサンドからはみ出してしまうくらい大きくカットされたフルーツがごろごろと入っているので、写真映えも食べ応えも抜群なのが特徴です!


デザート系サンドでは、他ではあまり見ないきなこバナナサンドもおすすめ。

ホイップには豆乳が使われていて栄養価が高く、食べるだけで体が元気になれそうです。ほんのり甘い粒あんとよく合いました。


この他にもくるみを使ったサンドやルッコラ&ゴーダチーズが入ったハード系サンドなど、どれにしようか迷ってしまうくらいたくさんの種類のサンドがあるのでお気に入りを探してみてください!

panoveでは曜日限定で日替わりパンを焼いていたり、パンによって焼き上がりの時間が決められています。

お店ホームページからチェックできるので絶対に食べたいパンが焼かれる時間帯を狙って来店するのもおすすめです。


また、panoveがある高山駅西口側にはスーパーマーケットもあるので飲み物を購入したりちょっとした買い物をするのにも便利です。


本格焼き立てパンをゲットしにぜひ立ち寄ってみてください。



■店舗情報

boulangerie panove

〒506-0054 岐阜県高山市岡本町2-140-4

営業時間:10:00-18:00

定休日:日曜・不定休あり

アクセス:JR高山駅西口より徒歩11分

桜スポット:中橋公園まで徒歩23分

【中橋公園】ANHCHAN/アンチャン ベトナム料理店

2023年7月オープン!本場の味が楽しめるベトナム料理店
ここでしか食べられない飛騨牛入りフォーとテイクアウトOKのバインミー

  • 現地らしさを感じるシンプルなサンドウィッチ

次に紹介したいのが本場ベトナムのバインミーやフォーが食べられるこちらのお店。

2023年7月にオープンしたばかりのANHCHAN(アンチャン)です。


古い町並みからすぐの商店街にあるこちらのお店では、ベトナム出身の店主が心を込めて提供する「現地の味」を楽しむことが出来ます。


また、ここでしか味わえない高山名産の飛騨牛を使ったフォーボー(牛肉のフォー)も人気メニューなのだそう。


ベトナムの「おいしい」を楽しめるこちらのお店ですが、その中でも春の行楽シーズンにおすすめしたいのがバインミーの名前で有名なベトナムサンドウィッチです!

  • バインミーハムミックス(パクチー抜き) 価格750円 ※2024年3月現在

バインミーといえば楕円形のバゲットにハムや野菜をこれでもかと挟み込み、仕上げにパクチーをサンドするヘルシーで食べ応えのあるベトナム料理ですが、ここで食べられるバインミーは中のソースが特においしいんです!


甘みが強くスパイシーなソースが、サンドされた野菜や自家製のベトナムハムと本当によく合っていてあっという間に食べきってしまいました。


残念なことに私はパクチーが食べられないのですが、パクチー抜きの注文ももちろんOK。


ベトナムコーヒーに自家製サトウキビジュースにベトナムから輸入した色とりどりの瓶・缶ジュースなど。

ドリンクメニューも豊富に提供しているので食後のティータイムに何を注文しようか考えるのも楽しみの一つです。


メニューには載っていませんが、スープなど汁物以外は全てテイクアウトOKなので外で食べたい時は店員さんに言えば対応してもらえます。

  • ベトナムから輸入した色とりどりの食品

古い町並みから徒歩1~2分、そしてお花見スポットである中橋公園からも徒歩3分という好立地なので気軽に立ち寄れます。


また、高山の観光エリアでは数少ないお昼は15時まで、夜は20時まで営業しているお店なのでゆっくり来店できるのも嬉しいポイントです。


店内ではフレッシュココナッツや現地の調味料など、ベトナムから直輸入したここでしか出会えない様々な食品の販売も行っています。


お家でも気軽にベトナム料理を楽しみたい方はぜひ自分へのお土産探しに足を踏み入れてみてはいかがでしょう。



■店舗情報

ANHCHAN

〒506-0011 岐阜県高山市本町2-18

営業時間:11:00-15:00 17:00-20:00

定休日:水曜・木曜

アクセス:JR高山駅東口より徒歩11分

桜スポット:中橋公園まで徒歩3分

今回ご紹介したスポットはこちら!

Google Mapの読み込みが1日の上限回数を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

ライタープロフィール

はじめまして。mayukoと申します。
2023年春に高山に移住しました。
旅行が大好きで北海道一周、小笠原諸島など長期で一人旅に行く事も。
高山の立ち寄りたくなるスポットを発信しています。

次に読みたい取材記事

ページトップへ